お花セラピスト まみりん

お花セラピスト まみりん

 

 

0

 

■お花セラピーとの出逢い■

 

それは2014年2月。
私は、お花セラピーが生まれる瞬間に立ち会いました。

目の前には 色鮮やかなお花たちとオアシス(アレンジするためのスポンジのようなもの)
そして、そこに コミュニケーション心理学NLPがどう交わるのだろう?
とワクワクしながら 1回目のミーティングに参加。
このとき、私はクライアントさん役で参加。

テーマに選んだのは
密かに”苦手だなぁ”と思っている方との関係。
少しでもよくなれば、自分も もしかしたら楽になれるかも・・・とそんな気持ちを込めて。

お花セラピーの特徴の一つでもありますが
1つのテーマで2度 アレンジをします。

1度目は テーマに沿って現状をお花で表現。
それぞれのお花やグリーンたちを
自分やその相手の方、また身近な人たちに見立てると
距離感や立ち位置なども自然と その通り。
私の場合は、私とその方の間には 高い高い壁のようにグリーンが間を隔ていたのです。

そして
そのアレンジを遠くから見てみたり、
角度を変えてみてみたり、他のお花から見てみたりしながら
心理学をベースとした 問いかけに ただただ答えていくうちに
”あ、相手の方も寂しかったのかも”
とか
”もう少し 接点を持ちたいのかも。ただその方法がわかんないだけなのかも”
というような気づきが自然と生まれてきました

その後
いったん ぜーんぶアレンジを抜いて まっさらな状態にしてから
”こうなったら 一番うれしいな・幸せだな”と思う関係性をイメージしながらお花を再度アレンジしていきます

そうすると 不思議なことに
苦手だと思っていたその方に 感謝の気持ちが生まれてきたのです。
そして、まずは自分から挨拶をしてみよう なんていうこともひらめきました。

そして今は、以前よりも自分から関わる機会が増えつつあります。

これがお花セラピーが生まれた瞬間。

その瞬間 感じた お花セラピーの優しさと力強さ。

自分と対話し、自分を知り、自分の気持ちを感じる

そのツールとして ぜひ 一緒に体感してみませんか

メッセージ

ただただ素直な気持ちを大切にして
お花を通して 自分の気持ちとおしゃべりしましょう
きっと あなたにとって 大切なメッセージを
伝えてくれることでしょう
そのお手伝いをさせてくださいね

 

プロフィール

心のシェイプアップサロン Love me lab.主宰。
言葉とイメージの力で ナチュラルな自分らしさを磨いて輝かせるお手伝いをしています。

ページ上部へ戻る