法人サービス

ストレスを軽減しながら同時に

課題解決力を身につけられる

まったく新しいメンタルヘルス予防対策

 

休職者一人につき、どれくらいの損失が発生するかご存知ですか?

一人が休職した場合、休職中の給与支給が3分の2だから、年収500万円の人なら333万円では?と考えますよね。 しかしながら、それ以外に休職者の仕事を代替する社員の残業代、派遣社員など代わりに新しく雇う社員の人件費や教育費など、実は年収の約3倍の経費がかかるのが実際の話なのです。 加えて、上司や同僚など他の従業員へ与える心理的影響、企業イメージに与えるダメージも考慮しなくてはなりません。

最も重要な経営資源である人材のメンタルヘルス予防対策に

お花セラピーをご活用いただけます。

このページにご関心を寄せていらっしゃる企業様は、従業員様の健康が企業価値を高める重要な要因のひとつである、ことをいち早く認識されている、非常に意識の高い企業様であることは疑いようがありません。 “健康経営”に取り組まれたり、下記のようなメンタルヘルス対策を検討したり講じていらっしゃることでしょう。

①不調を訴えた従業員へのカウンセリング、休職と復帰支援

②メンタルヘルス教育研修と情報提供

③職場環境等の把握と改善

しかしながら、ご存知の通り、せっかく多くの企業がこうした対策を講じているのにもかかわらず、残念ながら休職者数も精神障害の労災認定数も増加傾向にあります。 求職者数・精神不調者が減らない理由

①うつ病当事者の8割が

  「自分がうつ病になることは予測していなかった」と、我が事と捉えない傾向にある

②従業員側からすると

  今後のキャリアのことを考えると、不調をカミングアウトするのがためらわれる

③管理職側からすると

  不調が見られる部下にカウンセリング等を強制できない

ために、どうしても後手の対策となってしまうからです。

まず予防対策を

 -ネガティブ・イメージからポジティブ・イメージへ‐

心身の不調を認めること、そしてカミングアウトすることは、 一般的にネガティブなイメージで捉えられがちです。 「メンタルが弱い」「怠けもの」と思われるのではないか? 「そんな自分はダメだ」「他の人は出来ているのに」もっと頑張らなければ! と無理を重ねてしまいます。 その結果、どうしても後手の対処療法となってしまうのです。

お花セラピーなら、その問題を解決できます。

なぜなら、従業員様個々の不調が見られるかどうかに関わらず、予防の観点から、チームで導入していただくからです。IMG_0251 例えば、特にストレスを強く感じやすい

  • 新人スタッフ研修の一部として
  • ◎◎年目スタッフのフォローとして
  • 管理職登用後のフォローとして

お花セラピーが従業員様に受け入れられやすい理由は、そのポジティブで楽しいイメージです。 しかも、抱えている問題のストレス解消にも、目標達成に向けての思考整理にも、どちらにも活用できるので、従業員様がカウンセリングを受けに行くような深刻なイメージもありません。 さらに、従業員様の心の豊かさにも戦略的に取り組む、余裕ある企業様のイメージは、従業員様のモチベーションにとってもプラスです。

お花セラピー導入により期待できる、3つの効果

1.ストレス軽減による休職・離職率対策

詳細を話す必要がなく、アレンジメントを通じて抑えていた感情に気づき、表出することが出来ます(感情の表現力の低下が、燃え尽き症候群を引き起こす―京大研究より―)

花の癒し効果によって、毎月ストレスを軽減します(生花を4分間見るだけで、副交感神経活動が29%亢進、交感神経活動は25%抑制―千葉大研究より―)

2.従業員のストレスコントロール力がアップ

思考・感情の見える化作業を繰り返すことで、課題を整理するコツが自然と身に付きます

まず現状分析、次に望ましいゴールとステップを、主体的に発見し、表現し、言語化できるようになります

IKEA効果(※)が、自分で言語化したゴールとステップに対する自主的な行動力を高めます

※IKEA効果とは、他人が生み出したものより、自分で生み出したものに高い価値と強い愛着を感じる心理

 3.従業員間のコミュニケーションが円滑に

お花セラピストの心理学に基づいたファシリテートで、自己重要感&他者受容感を高める会話が弾みます

定期的に上記の時間を持つことで、コミュニケーション力がアップします。

個々人の課題や目標を話す時間・聞く時間を重ねることで、小さなことも相談しやすい職場の雰囲気が生まれます。

その結果、一般的なメンタルヘルス対策も本来の目的を達成できるのです。

①ちょっとした不調も口に出せる職場、同僚の不調に気づいて声をかけられる職場に

②メンタルヘルス研修が生かされる職場に

③職場環境の改善提案が受け入れられやすい職場に

 

お花セラピーの導入ステップ

①現状のヒアリング → ②対象・回数・目標等打ち合わせ → ③(ご希望により)体験会の実施 →④フィードバック →⑤本格導入無題2

企業様の現在の状況、目指すところ、期待する効果に合わせて、お花セラピーの導入をアレンジいたします。

また、導入中もフィードバックをいただきながら、理想とする職場環境と現実のギャップを埋めていきます。

 

 

お問い合わせ、体験会のご要望は、 お花セラピー事務局(office de*Sign内)

担当:中嶋 電話089-961-1132

メールde-sign@nlp-island.jp までお気軽にお寄せください。

ページ上部へ戻る